teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:23/154 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

8・26“アメリカ反戦運動は今” 映画と報告・トークの夕べ

 投稿者:“アメリカ反戦運動は今”映画とトークの夕べ実行委メール  投稿日:2011年 8月21日(日)18時17分37秒
  通報
  【9.11から10年】「アメリカ反戦運動は今」 映画と報告・トークの夕べ 「“最前線”マディソンとアフガン空爆反対決議10年のバークレーを訪ねて」(2011年8月26日〔金〕@ひと・まち交流館 京都)

イベント詳細サイト:9.11から10年-“アメリカ反戦運動は今”
http://d.hatena.ne.jp/american_antiwar/

 ◇よびかけ

 イラク戦争は八年を数えベトナム戦争を越え、間もなく十年目の9・11を迎えます。

 昨中間選挙での共和党・ティパーティの躍進以降アメリカ反戦運動の報道がパッタリと姿を消しています。しかし戦後最大ともいうべき債務危機、そしてエジプト革命に代表されるアメリカの中東支配秩序の崩壊の中で、反戦運動はいっそう深く地域・職場に広がろうとしています。

 この機会にアメリカ取材10年の木村修さんを京都にお迎えします。この3月2度にわたってウィスコンシンシン州マディソンを訪ねた木村さんは、この8月には今年10月でアフガン爆撃反対決議から10年を迎えたバークレー市を再訪されました。この2つの町の動きを最新の映像を交えて報告していただきます。是非お運びください。

“アメリカ反戦運動は今”映画とトークの夕べ実行委員会                american.antiwar@gmail.com


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

               【9.11から10年】

        “アメリカ反戦運動は今” 映画と報告・トークの夕べ

   “最前線”マディソンとアフガン空爆反対決議10年のバークレーを訪ねて

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●日時:2011年8月26日(金)午後6時30分~9時


●場所:ひと・まち交流館 京都 第4会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

【バス】
市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車

【電車】
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分

●入場無料(上映カンパにご協力お願いします)


写真:IVAW(反戦イラク帰還兵の会)の組織化チームリーダーのアーロン・ヒューズ
IVAW(反戦イラク帰還兵の会)HP
http://ivaw.org/

●内容:

①上映 『IVAW 明日へのあゆみ』(35分)≪立ちあがるIVAW Part6≫・京都初公開
    (2011年7月制作)

 ◇上映作品の紹介

   この2月~3月ウィスコンシン州の州都マディソン市は全米労働運動の最前線とよば    れました。
   新州知事が打ち出した団体交渉権はく奪提案に対して、3週間におよぶ州議事堂占拠   の闘い。
   この闘いに反戦イラク帰還兵が州知事の命令を拒否せよと呼びかけて合流します。こ   の最新の闘いを日本に唯一紹介した注目作。

   映画(動画)紹介サイト
   http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/sample_ivaw6.html


主な内容
●兵士たちの美術館
●最前線・マディソン
●アーロン・労働者とともに闘う
●アーロン・新しい世界を語る
●3.19 8周年集会で訴える
●イラクの人々に想いをはせて

 (これまでに鑑賞された方々の声)

  □マディソンでの集会。イラクの人々への謝罪と責任・そこから踏み出して
   生きようとしている姿に胸が熱くなりました。(東京都大田区 法谷泰代さん)

  □『許しを請うのではなく責任を、、』という決意が身をもつて行動に移されて
   いる。ラストのアーロンの訴えに感涙 (大津市 藤井直美さん)

  □アーロンの静かだが確信にみちた語り口は非暴力の明日の世界を予感させる。
   上質で感動的な作品だ (東大阪市 藤田なぎさん)

  □『今こそあらゆる闘いをひとつにつなぐ時』というアーロンの呼びかけが
   ストレートに伝わってきます。イラク戦争を体験したひとりの青年が
   正義をもとめて奔走する姿に本当に感動しました。(大阪市都島区 垣内由香さん)

  □『戦争』と言う出口の無い残酷な闇に対する光。未来への希望を予感させてくれる。
   日本が今こんな時だらこそ多くの人にみてほしいと思う。(豊中市 小城聡子さん)

$(O-"報告とトーク: マブイ・シネコープ  木村 修さん

 「“最前線”マディソンとアフガン空爆反対決議10年のバークレーを訪ねて」

 ◇マブイ・シネコープ 木村 修さんのプロフィール

   (有)マブイ・シネコープ代表。沖縄戦記録映画『GAMAー月桃の花』
   続編『マブイ』の配給・上映のかたわら、アメリカのイラク反戦運動を
   主題に短編ドキュメントを制作。これまで『バークレー市民がつくる町』
   『シンディ・シーハン~母の日のメツセージ』『IVAWイラクに誓う』等
   多数発表。反戦帰還兵シリーズも本作で六作目となる。この八月は十四回目
   の訪米でバークレー市を訪ねたところ

   京都シネマ(「立ちあがる イラク帰還兵」上映後 木村修監督 レクチャー!)
   http://www.kyotocinema.jp/report/re2010/re_2010_47.html
   『バークレー市民がつくる町』
   http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/berkley.html
   『バークレー市民がつくる町』フォトギャラリー
   http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/photo_berkley.html

●主催:“アメリカ反戦運動は今”映画とトークの夕べ実行委員会
   http://d.hatena.ne.jp/american_antiwar/
   american.antiwar@gmail.com

●協力:マブイ・シネコープ
   http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/
   mabui1101@nifty.com

●連絡先:TEL&FAX 06-6786-6485 マブイ・シネコープ

http://d.hatena.ne.jp/american_antiwar/

 
 
》記事一覧表示

新着順:23/154 《前のページ | 次のページ》
/154