teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:36/154 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

□報告講演とビデオ上映-貧困大国ニッポン~労働の現場から見えてきた現実~

 投稿者:SYN京都メール  投稿日:2011年 4月 7日(木)14時14分47秒
  通報
  □労働運動からの報告-服部恭子さん(洛南ユニオン)
□ビデオ「働きたくても働けない~若者を襲う雇用の危機~」上映
□フリートーク
【日時】4月16日(土)18時~21時
【場所】ウィングス京都2階 会議室4
【参加費】300円
【主催】SYN京都

【呼びかけ】貧困が拡大し続けています。リストラや倒産によって増え続ける失業者、拡大し続ける非正規労働者、競争の中で過酷な労働を強いられる正社員、仕事ばかりか住居も失って路上へと放り出される人々、先の見えない就職活動を強いられる学生や生徒・・・。とりわけて、若い人たちの中で広がる貧困は深刻です。
拡大し続ける貧困とどのように向き合っていくべきなのでしょうか? 労働運動で貧困問題に取り組んでいる服部恭子さんの報告講演やビデオを通して考えていきたいと思います。学生や青年の皆さんの参加を、呼びかけます。共に考え、行動しましょう!

【洛南ユニオン】京都の南部で、個人でも入れる地域労働組合として活動しています。運送業のトラック労働者や製造業で働く労働者などが参加しています。労働者の首切りや賃金未払いなどの、企業による横暴と向き合い、たたかっています。また、沖縄や岩国の反基地運動に連帯するなどの反戦運動にも、活発に取り組んでいます。

ビデオの紹介】今、高校生や大学生たちは厳しい就職難に直面している。求人数が前の年のおよそ半分に激減し、内定率の下げ幅は過去最大を記録。生徒や学生たちは「働きたくても働けない」状況に陥っている。求人の「質」も変化している。なかには定期昇給がないないうえに、健康保険や失業保険にも加入できない「名ばかり正社員」とも言える求人まで現れている。内定を得られずに、働くことの意欲を失ってしまう生徒や学生も少なくない。日本の将来を担う若者たちの雇用をどう確保していくのか。高校生の就職難の実体とその解決策を探ります。
□出演/宮本太郎(北海道大学教授)
□NHKクローズアップ現代・2010年2月放送
□上映時間30分

http://syn.c.ooco.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:36/154 《前のページ | 次のページ》
/154