• [0]
  • 日高山脈情報交流館

  • 投稿者:管理人
 
北海道・日高山脈についての情報交換のためのスレッドです。近年の地球気候変動の影響でしょうか、日高の山へのアプローチとなる林道が毎年のように寸断され、思うように計画を進めることが難しくなっています。

また、集中的な降雨による増水が原因での遭難事故、険しい稜線歩きでの滑落事故など,一筋縄では行かない山域でもあります。そんな山だから面白い、チャレンジのし甲斐があるのではないでしょうか。もっともっと知ってもらいたい、知りたい・・・、そんな投稿をお待ちしています。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [15]
  • チロロ林道の施錠による通行規制・幌尻岳 (2018・10・1から)

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年10月 1日(月)00時13分50秒
 
あと一日で北海道に出掛けるからと装備品の最終チェックをし、北海道警察にネット経由で登山届を出しました。北戸蔦別岳~幌尻岳のルートを採るので台風24号によるチロロ林道の情報は何かないかと探していたら、林道は狩猟シーズンに入ったから9月29日からゲートを施錠し、通行規制しているとの9月28日付け日高北部森林管理署の文書が見つかりました。

日が変わって10月1日の今日の夕方便で遅くに空港に着き、そのまま二岐沢出合の北電ゲート前で車中泊を予定していたのに、その実現可能性が大きく低くなっています。

夜が明けたら森林管理署に連絡してみなければ・・・・。

  • [14]
  • 北戸蔦別岳~幌尻岳・テント泊(2018)

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 9月28日(金)21時13分17秒
  • 編集済
 
Nov.さん
北戸蔦別岳~幌尻岳は普通、若者は日帰りで往復をしていますし、私のようないくらロートルでも1泊で登るのが普通のようです。ところが2012年の同じ時期、同じコースで2泊した時のまったり感はこの世の幸せでした。

今回も同様の計画ですが、台風が通過する翌日の入山なので、林道の崩壊と沢の増水が懸念材料です。このコースは春から初夏のお花の季節がおすすめの山ですが、10月初旬の紅葉の時期も捨てたものではありません。
http://yamatabi-hanatabi.com/nukabiradake2007-1.html

このコースでは過去にヒグマに出遭い、また登山道脇至近距離に潜んでいたヒグマに驚かされたこともありますが、そのようなこともこの山域に入り込む場合はセットに考えておかないと存分に楽しむことができません。2007年のときと同じように、七ッ沼の見えるところでコーヒータイムを考えています。
いずれにしても台風次第ということですが、すべてセットしてしまっているので、あとは普段の私の行いを熊ちゃんがどのように見ているかということでしょうね。


  • [13]
  • 2泊3日の贅沢

  • 投稿者:Nov,
  • 投稿日:2018年 9月28日(金)12時55分58秒
  • 編集済
 
老少年さま。
日高の山で、平日に2泊ですか。楽しみですねぇ~。充分充電してきてください、無理をせずに……。
この頃、軽量化目的で、ビールの代わりにプラスチック容器に入った安いワインを持っていきますが、案外いけます。肴は、白だし、塩こうじを水で薄めた液体にあたりめを1日浸し、フライパンで焼いて、持って行っています。マヨネーズは百均でキューピーの小さいものが手に入ります。ご参考までに。
御報告を楽しみにしています。

http://9220.teacup.com/toritani1718/bbs


  • [12]
  • チロロ林道・北戸蔦別岳・幌尻岳(2018)

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 9月17日(月)07時42分19秒
  • 編集済
 
「チロロ林道」で検索するとトップに「登山者からの頻繁な問い合わせによって行政の恒常業務が阻害されているから、電話での問い合わせは必要最小限に心がけ、ウェブサイトでの情報収集に努めたいもの」と書いてある個人のホームページがありました。

林道の鍵の借用に何度も森林管理署の窓口へ行っていますが、かつてこの役所が業務で忙殺されているような情景を見たことはありませんでした。森林管理行政の必要性が認められず、あるいは森林行政への需要が減少し、職員が他の省庁に引き取られてスリム化しようやく生き残った役所の一つです。
そんな役所が、登山に使う林道の状況についての国民からの電話で業務が事実上阻害されているというのなら考え方によっては、ご同慶の至りというところです。しかし、本当に業務が輻輳しているというのなら、ホームページを検索しやすく見やすく改善し、わざわざ国民が林道の様子を聞くために電話をしなくてもいいようにすればいいことです。

という日ごろの印象を脇に置いておきながらチロロ林道の最新情報を検索すると、平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震により閉鎖されていたチロロ林道は、平成30年9月15日(土)から一般車両の乗り入れ規制を解除すると、日高北部森林管理署により9月13日に発表されています。この情報も大事ですが、実際に15日に解除したのかという情報も同時に同じ比重を持っていると思い至らないことに、森林管理署の根本的なサービス不足があります。相も変わらずの役所体質は変わりようがない感じです。

(日高北部森林管理署  01457-6-3151 土日祝除く8:30 ~ 17:15 土日祝除く)


  • [11]
  • 1839峰

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 8月31日(金)21時55分33秒
  • 編集済
 
あやさんへ!

ホームページをご覧いただいているとのことでありがとうございます。
私の好きな北海道の山(山域)は3位が羊蹄山、2位が二ペソツ山、1位が日高の山ですね。2003年から北海道の山に登って、最初の日高の山が東尾根コースからのペテガリ岳だったのですが、辛くて苦しく大変でした。しかしこれで病みつきになってしまいました。

大雪山では2~3度ほどテント泊で登りましたが、大雪山はそれっきりで、やはり日高の山がよくていつでも行きたいのです。しかし、大怪我をしてしまって6か月の謹慎期間を経てようやく山に復帰が可能な状態になって来たようですので、近々、北岳のテント泊(2泊)で感覚を取り戻し、10月初頭に北海道の山も計画しています。

しかしながら、あやさんもお好きな日高の山は今の体では困難なので、道東の低山か羊蹄山避難小屋泊まりを考えています。11年前の10月初頭に1839峰に登りました。夏尾根の頭に出ると、京都から来たという女性がカムエクから縦走してきたと言ってテントを張っていました。こんな時期なのに好きな人はがんばっているのだなあと思ったのでした。

そんなことを思う私は、昨年10月、カムイエクウチカウシ山をめざして八ノ沢カールまで行って、雪が降ってきたのでカールで1泊しすごすごと戻ってきたのでした。あやさんも2度目の1839峰も未達とのことですが、かえってその方がチャレンジ精神が湧いてきていいのかもしれませんね。私は4回目のチャレンジで幌尻岳にやっと登れたのでしたが、その後も2度ほど登っています。焦らずに何度もチャレンジして登るのもまた楽しい山登りになるのではないでしょうか。無理をせず、何より安全第一で行くのがいいですね。来年になるのでしょうか、3度目の正直、登頂のお便りをお待ちしています。

画像1:夏尾根の頭の虹
  2:ヤオロマップ岳の男性のテント
  3:1839峰を背に 夏尾根の頭の女性のテント

  • [10]
  • はじめまして 老少年様

  • 投稿者:あさやん
  • 投稿日:2018年 8月30日(木)23時32分19秒
 
こんばんは 日高山脈が好きでいつも老少年さんのページを拝見してどこに行こうか考えて山行してました まだまだ日高の登山経験は少ないですが大雪山よりか日高のほうがわくわくどきどきで登山してるなーと感じてます
1839峰に行きましたが一昨年もダメでしたが今年もピークは踏めませんでした  ノンビリまた来年も行く計画しております   急登はいやですがピーク踏むまで頑張る予定です。      

  • [9]
  • 北海道の峰々

  • 投稿者:Nov,
  • 投稿日:2018年 8月 8日(水)05時01分29秒
  • 編集済
 
拝啓 老少年さま。
花という意味においては、季節的 にベストではなかったようです。
その点はとても残念でした。
アポイ岳のお花畑も行ってみたのですが……。
しかし、悠久の時間をいただきました。峰々を愛でているだけで幸せでした。
8/7(火)下山後、襟裳岬に行って来ました。
余りの風の強さに驚愕しました。
やはり日本は広い!

http://9220.teacup.com/toritani1718/bbs


  • [8]
  • もったいない幌尻岳

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 8月 7日(火)23時01分36秒
  • 編集済
 
Nov.さんの幌尻岳は山荘からの日帰りだったようで、それぞれ人の都合というもの
もありますから北海道の山の登られたということだけでもご同慶の至りですが、
ちょっともったいない気もしますね。

でも、ヒグマに逢えたということはラッキーなことであり、刺激的なフィナーレと
なって思いで深い山行になったのでよかったですね。

ヒグマといえば、アポイ岳でも出ますし町の中にも出てくるようです。町に出て
きた熊は殺されてしまうそうで、かわいそうだなとは思うのですが、北海道に実
際に住んでいる人は相当恐怖感を持っていますので、たまに遊びに行く者とは
感じ方が違っても仕方ありませんね。

早春の幌尻岳
http://yamatabi-hanatabi.com/pipairo2014.html



  • [7]
  • 花のアポイ岳

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 8月 7日(火)22時46分14秒
  • 編集済
 
花の百名山・アポイ岳には2、3回しか登っていませんが、多くの花が咲いていることで有名で
すね。アポイ岳のヒダカソウは既に絶滅してしまったようですが、実はあるところには群落と
なって広がっているということです。(実際には決まり事を犯さないと見られませんし、時期
には警察官が潜んでいて御用となりますのでご用心!)

2014年の早春に日高の山に登ったのはいいのですが、ポールを忘れてしまって1泊だけで終わ
ってしまい、残った一日でアポイ岳周辺を散策したのでした。
http://yamatabi-hanatabi.com/pipairo2014-2-5.html


  • [6]
  • アポイ岳

  • 投稿者:Nov,
  • 投稿日:2018年 8月 7日(火)20時42分32秒
  • 編集済
 
8/7(火)日高山脈最南端のアポイ岳に行って来ました。
素敵な太平洋が一望でした。
ジオパークとして良く整備された素敵な山でした。

http://9220.teacup.com/toritani1718/bbs


  • [5]
  • 幌尻岳

  • 投稿者:Nov,
  • 投稿日:2018年 8月 6日(月)21時51分6秒
  • 編集済
 
8/5(日)、/6(月)で幌尻岳に行って来ました。
インドナップ山荘に前泊して、新冠から登って来ました。18㎞の林道が辛いことを除けば、新冠ポロシリ山荘は良く手入れのされた素敵な小屋だし、幌尻岳からの景色は最高でした。
下山後林道を車で走っているとヒグマ君がお出迎え。これにはいささかビックリでした。

http://9220.teacup.com/toritani1718/bbs


  • [4]
  • 14時間かかった幌尻岳

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 6月21日(木)23時24分37秒
 
Nov.さんが幌尻岳を計画しているというので、過去の自分の山行記録を振り返ってみると、
チロロ林道終点登山口から幌尻岳へ行き、北戸蔦別岳まで戻ってテン泊するまで14時間
を要したことがありました。このときは疲れ果てて幻影を見た記憶があります。
なんとも素晴らしいところです。
http://yamatabi-hanatabi.com/horoshiri2008.html

  • [3]
  • 幌尻岳

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2018年 6月21日(木)23時12分10秒
 
Nov.さん
15日間の入院中は、持ち込んだパソコンでトマト栽培関連の情報収集に集中していたため、
やま旅掲示板への立ち寄りが疎かになっていました。
ところで、幌尻岳ですか~。うらやましいですね。新冠ポロシリ山荘からだと日帰りになっ
ちゃうのでしょうか。大っぴらには言えませんし、記録にも乗せてはいませんがいい寝床が
あるんですが・・・。天候状況など緊急避難の場合に備えて知っておくのもいいと思います。



  • [2]
  • 三年越しの片思い~幌尻岳~

  • 投稿者:Nov,
  • 投稿日:2018年 5月14日(月)20時53分44秒
 
拝啓 老少年さま。
体調はいかがですか。酉谷山避難小屋に行かれる日を願っております。
今年こそは幌尻岳に……。
新冠ポロシリ山荘から幌尻岳を目指そうと思います。
2年連続で断念した経緯があるため、今年こそはと考えています。
幌尻岳下山後にアポイ岳に挨拶をしてこようと思います。
わくわくしています。

  • [1]
  • ペテガリ岳東尾根コース

  • 投稿者:老少年
  • 投稿日:2017年12月12日(火)07時48分35秒
 
北海道へ転勤となってお決まりの低山の花の山を登りながら、気になっていたペテガリ岳を登ろうとネットで情報を収集中に出会ったのが「秘境日高三股へようこそ」という、今は公開されていない日高の達人のサイトでした。

まだ登山の経験も多くないときに、怖いもの知らずで登ってさんざん痛めつけられた「ペテガリ岳」でした。9月下旬には雪が降る北海道の山を、10月初旬~中旬に登るという素人の浅はかさ、水の欠乏による不自由な歩行での下山だったのですが、今思えば、無茶をやったから往復できたペテガリ岳「東尾根コース」です。

このコースは、今はほとんど歩かれることもなく、ネット上の記録は年に1~2件となっています。歩かれない理由はアプローチ道となる林道の崩壊などがあるのでしょうが、そういったことより、元気のある人が少なくなったというのが本当の理由ではないかと思っています。(2003年10月11~12日)
http://yamatabi-hanatabi.com/petegari2003.html


レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. 酉谷山避難小屋ノート(330)
  2. 日高山脈情報交流館(15)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成