teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:48/1350 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お前!の言っていることは、見るものを混乱させる恐怖を含んでいない!

 投稿者:現代思想  投稿日:2014年10月11日(土)08時11分28秒
  通報 編集済
  それでは、本題に入りたいとおもいます。

質問内容

本当に観測していないものが、実在していないなどの客観的な事実を信じ込む精神土台が人間の心に何故成立しないか? 主観と客観の対立が何故生じるのか? 答えてみよ!

>すべての存在を疑って見えるもの
観測者が見るもの 他人の心 自分の身体 それらは疑うことは可能で絶対的確信の持てないものである
しかし、今何かを疑ってる自分の心の存在や各感覚器官からの刺激の存在は疑う余地はないからだ。

この件ですが、本人にとって観測していないもの実在してようが無かろうが、身体機能は絶えず予測をして運動制御をするように構成してあります。なので予測はあくま
でも予報であり客観的な要素は優先されず主観が優先されます。本体の思考ノイズが多いですが、取り除くには、新しいプログラムが必要になります。

では、検討祈ります! https://www.youtube.com/watch?v=e9kvC5Drbi4

 
 
》記事一覧表示

新着順:48/1350 《前のページ | 次のページ》
/1350