teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アングラ

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 5月27日(土)19時02分3秒
編集済
  先日以来、横尾忠則さんの本を探しているのですがナカナカ見つからず、
しかしながら、同じような匂いのする寺山修司「不思議図書館」を見つけました。
いや、内容はぜんぜん違うんですケドね。纏っている濁った空気感が似ているような。。

>ねひつじさん

あ、チック・コリア!忘れていました。(^^;

さて、ゲッツのツアーに参加した鈴木良雄さんのページを見つけました。

スタン・ゲッツとの初めての西海岸ツアー
http://chin-suzuki.com/newyork/02.html

ピアノのアルバート・デイリーが本番でドロン
http://chin-suzuki.com/newyork/03.html

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 
 

歴代ピアニスト

 投稿者:ねひつじ  投稿日:2017年 5月26日(金)07時18分24秒
  >ただ、ゲッツの選んだピアニストでも浮かばれた人と浮かばれない人はいるでしょうね。
>ケニー・バロンが名を上げた人の筆頭?ジム・マクニーリーはどうでしょう?
>オルガンのエディ・ルイスを随分と褒めていたという話もありますね。

ジム・マクニーリーはアンディ・ラヴァーンとイメージが被りますね。
筆頭はやっぱりチック・コリアですかね(笑)

http://8824.teacup.com/nehitsuji/bbs

 

ありがとうございます!

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 5月24日(水)21時20分1秒
編集済
  言ってみるもんです。何べんも唱えれば、夢も叶うかもしれません。(^^)

村上春樹さんの本「意味がなければスイングはない」ではビル・クロウが、
「ゲッツのやった善行は、優れた無名のミュージシャンにチャンスを与えたこと」
と語り、その例としてアルバート・デイリーの名前を挙げています。

ただ、ゲッツの選んだピアニストでも浮かばれた人と浮かばれない人はいるでしょうね。
ケニー・バロンが名を上げた人の筆頭?ジム・マクニーリーはどうでしょう?
オルガンのエディ・ルイスを随分と褒めていたという話もありますね。

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

dailey

 投稿者:ねひつじ  投稿日:2017年 5月23日(火)23時21分32秒
  こんばんは。

ゲッツ&デイリー、取り急ぎアップいたしました(笑)
いずれ書こうかと思っていたんですけどね。

http://blog.livedoor.jp/fuji4506/

http://8824.teacup.com/nehitsuji/bbs

 

ゲッツ&デイリー

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 5月21日(日)09時49分37秒
編集済
  クミさん、お久しぶりのおはようございます。
こちらの土曜日はまるで真夏のような真昼の太陽でした。
一週間前の土曜日は土砂降りの日だったのに。

ゼヒまたオフ会に参加されてください。
もしかしたら前回とは駅は変わってしまったのかもしれませんが、
相変わらずのメンツでやっていますよ。
中華街のマシュマロ珈琲もイイですよ(ワタシもご無沙汰してますが)。

そういえば、昨日、ねひつじさんのブログにも紹介されてる
“POETRY / Stan Getz & Albert Dailey”
を聴いてきました。いま個人的に旬なサックスとピアノのデュオ。
これはもう特に「Spring Can Really Hang You Up The Most」が圧倒的。
それも力に捻じ伏せられるというより、こうべを垂れる他ない、といった演奏。
演奏が始まってしまえば、ただ惹き込まれ、ただただ聴き惚れる、といった塩梅。

P.S.確認したらブログでの紹介はされていないようです。失礼しました。(^^;

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

おひさです。

 投稿者:クミ  投稿日:2017年 5月20日(土)22時38分4秒
  A.tomy君、おはようございます。

土曜日の朝、とても気持ちの良い晴天です。
やっと重たいジャケットが脱げましたよ。

今回のオフ会も、楽しまれたようですね。
やはり手作りアンプやスピーカーの醍醐味は、その場にいなければいけませんね。
オフ会に参加させて頂いた時に、皆さんの熱意に圧倒されましたけど、
またいつか参加したいと願います。定年まであと数年、どうなりますやら。
今度は、A.tomy君とはあのマシュマロ珈琲で再開という事で。

スティール・パンのアルバムを、聴いてみたいと思いました。

ねひつじ君がブログをやっているの知らなかったけど、プロヴァイダーも無くなる
前に通知してくれてもよさそうなものだけど。電子の世界は変化が速すぎて
ついていけないわ~。ではまたね。

 

お蔭さま

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 5月 9日(火)21時01分26秒
  皆様の日頃の行いが良いお蔭で(?)天晴れな会を開催することが出来ましたね。(^^;

>いつもどこで見つけるの。

ユニオン、レコファン、ブックオフ。
そ~なんです、スティールパンはBOで250円也。(^^;
(ちなみに、①②がBO、③がRF、④がDU)
いずれにしても中古店にこそヘンなものがある、ということで。

セールの日は混雑するので、敢えて翌週残ったものを拾ったり。

>自分じゃ探せない曲に会えるのもこの日。

そうなんですよね。その刺激を求めて毎年遠路遥々行くわけです。
って、あのメンツの中では近い方か?

またよろしくお願いします。(^^)

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

お疲れ様でした

 投稿者:madame  投稿日:2017年 5月 7日(日)22時34分21秒
  Atomyさん

昨日はお疲れ様でした。
店に入ったら、スティールパンの涼しげな音色。こういう珍しい楽器のものを見つけてくるのも
あっぱれ。いつもどこで見つけるの。

自分じゃ探せない曲に会えるのもこの日。ありがとうございました。
 

CD聴きの会2017

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時49分10秒
編集済
  毎年恒例の「CD聴きの会」に行ってきました。お蔭様で心配された天気も大丈夫(個人的には晴れの特異日なんじゃないかと思っている)。いや~、それにしても横浜線沿線は開けてきました。去年来た時は無かった建物がチラホラ。八王子からの発車ホーム番線も変わっていて、一年ぶりの浦島太郎状態。

早く着いたので、駅南口でお茶でもしようとぶらぶらしていると、「みちくさ書店」で「見えるものと観えないもの―横尾忠則対話録」を発見。欲しいな~、でも、今日は他の荷物もあるしな~、と断念。そんな風にウダウダしていると小1時間経ってしまったではないか!優雅にお茶してるヒマはない!

会場に着くと、独りねひつじさんが深い氷穴から響いてくるようなアーチー・シェップのテナーに聴き入っていた。ピアノとサックスのデュオ。これ、聴いてみたかったんだ!GAKOさんやマダムさんといったメンツも徐々に集まってくる。ボクがかけたのは・・・

①“TIME TO MOVE ON / Rudy Smith”から5曲目「My Foolish Heart」
②“ORGAN COLOSSUS / Ron Levy”から8曲目「Like, Like Dope」
③“ONLY PART OF ME / Deborah Davis”から3曲目「On The Sunny Side Of The Street」
④“THE ERIC BYRD TRIO”から8曲目「When You're Smiling」

まず開会前にフライングして1曲。スティール・パンのアルバムから。予想以上に良い雰囲気で鳴りニッコリ。これだから家で聴いてるだけじゃわからない!CDにどんな「音」が入っているかわからない!

次はその名も「オルガン・コロッサス」なるアルバムからオリジナル曲。BBキングのバンドにいらしたとかで、今回唯一の変化球。いやホント、今回は皆さんの方に良い変化球がありました。

3枚目の時、ヴォーカルの達人に聞きました。2~3枚出している美形黒人ヴォーカリストだそうです。流石、達人!それだけで持って行く甲斐があったというものです。曲は「明るい表通りで」。

最後はピアノ・トリオで1曲「君微笑めば」。まるで「アマポーラ」と間違えてしまいそうになるくらいゆっくりゆったりとしたテンポで弾いてゆきます。

結局これが今年の1次会のクロージング・ナンバーとなりました。皆さん、愉しくお疲れ様でした♪

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

Jazzへの誘い

 投稿者:A.tomy  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時08分12秒
  ジャズ・コーナー「Jazzコレクション」を更新しました(^0^)/

今回はサックスとピアノのデュオを5枚。
今まではさして興味がなかった組み合わせですが、
そこにフィッシュマンとバッソが現れて様相が一変しました。
「これは大変なことになったぞ!」
まァ、そこまではいきませんが、妙味が少しわかったような。

順路は、ようこそ>自己紹介>Jazzへの誘い>Jazzコレクション、です♪

http://yumekamakotoka.la.coocan.jp/

 

レンタル掲示板
/37