teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 時代小説・歴史小説が好きだ!(1)
  2. 後期資本主義段階における正統性の諸問題に関わる「伊東市新市民病院問題」(1)
  3. ムンクの叫び(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


頑張って下さい

 投稿者:一市民  投稿日:2016年11月 8日(火)21時04分12秒
返信・引用
  因みに、私は他市に移住しますが不動産を複数残すため利害関係は残ります。
そこで、伊東市の政策や経済状況などwatchし続けていきたいと思います。
経済状況というと県の資料によると「伊東市の新規住宅着工件数」は十年前の三分の一となっています。
これは伊東市の生産年齢人口が、平成二年をピークに減少し続けていることと関係があるものと思われます。
また、生産年齢人口に焦点を当てると、伊東市は26年間減少を続けていたのですが高齢者人口が増加していたため、問題の深刻さを覆い隠していたのです。
経済にフォーカスすると、生産年齢人口こそが重要なのです。
このような状況のため、リスク分散上、不動産を伊東市に残すのなら人的資本は他市に移すなどの措置を講じ、伊東市にある資産を、自分の全資産の三分の一以下に落とす方向で資産の組み換えをするつもりです。
ある意味寂しい事かもしれませんが、社人研の人口推計や、限界自治体の比率まで高齢化率が高まり、その後若返ることなく、高止まりしたまま人口のみが減り続けるという推計を見ると、自己防衛のためやむを得ない事です。
繰り返しになりますが、伊東に複数の不動産を残しますので、韮高の先輩である四宮議員や中島議員、その他の議員の方たちの頑張りにより、二十年後、三十年後に伊東の不動産の資産価値がほとんど棄損したなどという事の無いように頑張って下さい。
大いに期待していますし、朗報を二十年でも三十年でも韮高精神の「忍」で待ち続けるつもりです。
 
 

自治体間競争

 投稿者:一市民  投稿日:2016年11月 8日(火)15時11分10秒
返信・引用
  石破茂氏は地方創成相時代「自治体は競争するのは当たり前、競争だから格差が付く」「努力した自治体もそうでない自治体も一緒にしたのでは、日本全体が沈む」と述べています。
私もこの考えに賛同するとともに、質的にも量的にも「劣った政策しか履行できない自治体」から「優れた政策を履行できる自治体に」住民が移住することは、「住民の足による投票」となり、国全体から見ると人材や資金など、すべての「経営資源の最適配分化」につながる事と思います。
この視点から考えたとき、例えばつながりのある一部業種に配慮してコンパクトシティの議論をしないとしたなら「足による投票を行使し、より優れた政策を履行する他市に移住する」する。このような積み重ねが「自治体間格差」を産み、存続できない自治体が生じるのは自己責任であり、やむを得ないものと考えます。
つまるところ、政策立案能力など人材力が最後の分かれ目になると思いますので、四宮議員には期待しています。
ただ、住民から見ると沈む自治体にたとえば不動産などの資産を持つことは将来著しい棄損が考えられるため、運営能力の高い自治体に資産を持ち移住しようと考えるのです。
そのほうが資産価値は保てますから。
また、自分の時間という資源も自治体の人材力により充実度が違うものと思われます。
この様に、どこが生き残り成長するのか目を凝らし政策を見極め自己責任で判断する。
伊東市が量的にも質的にも優れた政策を実現する。そのために優れた人材を市民が選び議会で切瑳琢磨する。
伊東市が生き残るために,是非このようであってほしいとは思っています
 

コンパクトシティ

 投稿者:一市民  投稿日:2016年11月 8日(火)11時30分18秒
返信・引用
  はじめまして。
伊東市にはコンパクトシティの計画がなぜないのでしょうか?
現在、国も自治体も多額の債務を抱えております。
このような中、将来的には納税をする世代である生産年齢人口が顕著に減少し、社会保障給付を受ける世代である高齢者の比率が高まります。伊東市の場合、将来的には限界自治体と言われる所まで高齢化率が高まると予想されています。社会保障費の増加に、先細る生産年齢人口世代で備えなければなりません。私の友人が住む藤沢市や、秦野市ではコンパクトシティ計画が動き出しています。伊東市よりはるかに財政力指数や、人口構成が健全である両市が将来の危機に備えて手を打つのです。これは非常に合理的な判断と思われます。伊東市が動き出さないようなら、自分の考えに合う両市のどちらかへの移住を考えています。秦野市の場合、東海大学と連携しプールやジム、図書館などが無料あるいは格安で利用でき、学食で安くバランスの良い食事ができるのでとてもいいと友人が話していました。私も大いに惹かれる所です。人口減少時代、自治体消滅をかけ自治体間競争が良くも悪くもなされるものと考えます。選ばれる自治体になるために大学と提携したり戦略力が問われる時代です。その点伊東市には魅力を感じません。どうしたら選ばれる自治体になるのか他市に対するアドバンテージという視点でも考えてください
 

幹部は、税金を詐取する名士達の お手伝い。 そちらは大丈夫?

 投稿者:大神 惟照  投稿日:2015年 7月11日(土)08時12分19秒
返信・引用
  伊東市議会議員

    四宮  和彦 様

     先生にご連絡する術を見つけられず、やむなく本欄を利用させ
        ていただきました。
        悪しからずご理解下さいまして、ご一読後削除下さいますよう
        お願い致します。


事例紹介  スーパーマーケット A の場合

スーパー A の事業規模は(国内)中規模。系列B店に接する県道が
拡幅された。  なお、同拡幅計画はB店舗建設のズ~ト以前のこと。

補償

拡幅部分が同店舗の一部にかかるとして、店舗切り取り ・ 同改装費、
同基礎工事費、休業補償等々、考えられる限りの補償名目が並ぶ。

リニュ-アル

同店は、同県道に接する部分を出入り口に変更等々、大幅に改装。

実際の店舗

同店は、県道拡幅計画部分を避けて建設されており、補償対象とされ
た切取り部分には、鉄骨を組んだ工作物に電飾看板が取り付けられて
いた。

つまり、拡幅前の店舗と県道の間には、工作物のみ。切り取ったとされ
た ・ 補償対象とされた店舗部分は存在せず。 全て、補償金を狙った
作文だった。

議会は承認

県幹部は、Aによる「血税を騙し取る計画」に協力し、議会に作文を提
出して承認を得ながら、 当会の指摘に対し「議会で承認されている」と、
議会のチエック体制 ・ 制度そのものに問題があると、責任転嫁主張。

現場技術者から聴取

現場レベルは、同部分を工作物として処理しており、店舗認識は全く見
られなかったが、上層部が店舗として処理している事を知り、愕然とする。

公表は

利用されただけ、と見られる職員が円満退職 ・ 再就職するのを待った。

また、こういった不正は一地域 ・Aだけの問題ではないため、手口を放
置する ・ 防止策を講じなければ、詐取が繰り返される恐れが高い。

膨大な借金

国民は、1000兆円を超える借金を背負わされており、今後も増え続
けるといわれ、子孫の収入までも食いつぶさんとする様相であり、税
金の配分 ・ 膨大な借金の中身 ・ 議会のチエック体制の不備等に問
題がみられる以上、使途 ・承認について厳しい目を向けざるを得ない。

よって、粉骨砕身でお願い致します。
 

本日のフォーラム行きます!

 投稿者:あまざん水兵  投稿日:2013年11月 5日(火)12時12分17秒
返信・引用
  実は、東海汽船新船を下関で行われる進水式を見に行くツアーため年休を2日間とったのですが、これは友人に譲り、私は今日伊東へお伺いします。
伊東市への想いは「按針祭のパレードで帆船を曳く水兵さん」をやりたい!もう8年もあらゆる方向から要望していますが、実現しないのが納得できない!ということです。行政不服審査や情報公開など行政サイドの手続では進まないので、今日、市議会事務局へ陳情書を提出します。議員さま皆様にはぜひ賛成をお願いいたします。
ヒートしてしまいましたが・・・
今日のテーマ、地域の交通について、は大変興味があります。
タクシー乗務員として高齢化する高島平団地を走り回ったり、自転車タクシーをお買いもの支援手段として活用したり、人力車を観光資源としたり・・・実践だけでしたので、少し勉強してみたい。。。
と思っているところです。
福島県から行きますがよろしくお願いします。
(私の最寄駅の植田も、伊東もJRでは大都市近郊区間ですから広義の東京でしゅ。笑)
 

Re: 拝復――

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 5月15日(日)17時25分51秒
返信・引用
  > No.13[元記事へ]

県外よりの移住者さんへのお返事です。

> 被害に遭われた方は、行政サイド(当時の担当者)の落ち度も
> 相当あると言われております。
冷たい対応に聞こえてしまうかもしれませんが、「行政サイドの落ち度」は裁判で認定されたのでしょうか?
建築業者、設計事務所と原告の方(業者側が反訴したとも聞いておりますので被告?)との間の民事訴訟であろうかと思いますので、行政の瑕疵についての認定が行われるとは思えません。
したがって、現時点では「被害者」と言われる方の「主観的な感想の域」を出ず、公の場で問題を取り上げるにはクリアすべきハードルが多々あると考えます。

第一には司法の場での解決が最優先されるべきであり、行政の落ち度を問題とするなら、行政訴訟を覚悟しなければなりません。行政訴訟事案と言いうる課題なのか否かを冷静に客観的にご判断されることを希望します。

> 一度、宜しければお会いしたいと申しておりました。
 お会いすることについては、躊躇するものではありませんが、掲示板上のやり取りでアポイントメントをとるものでもないでしょう。面会の上、お話しされたいということであれば、伊東市議会の議会事務局を通じて、ご連絡下さい。

> この、掲示板の存在も教えておきました。
宣伝ありがとうございます。ただ、掲示板は私信ではありません。掲示板閲覧者が自由に閲覧し、個人の意見を書き込む場です。
私個人への私信であれば、HPからメール送信できるようにもしてありますし、調べれば、私への連絡方法は他にもあったかと思います。
掲示板の利用に関しては、目的に適ったご利用をお願い致します。

http://www.justmystage.com/home/shinomiya

 

拝復――

 投稿者:県外よりの移住者  投稿日:2011年 5月15日(日)11時04分22秒
返信・引用
  管理人様、誠実なご回答方、有難うございました。
被害に遭われた方にも、貴ご回答の件を話しました。

被害に遭われた方は、行政サイド(当時の担当者)の落ち度も
相当あると言われております。

一度、宜しければお会いしたいと申しておりました。

この、掲示板の存在も教えておきました。

ご高配、いただければとの事です。

 

Re: 伊東市内の建築業者

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 5月12日(木)21時29分52秒
返信・引用
  > No.11[元記事へ]

県外よりの移住者さんへのお返事です。

お話の件については聞いたことはありますが、詳細についての知識はありません。

確か、訴訟になっていたかと思いますので、司法の場で解決が図られる問題だと考えます。

現市長が建築土木業者寄りであることは噂通りと私も感じていますが、住宅建築等に関しては、開発行為や建築確認等に対する市の許認可事務は法律に基づく羇束行為ですから、市長の裁量権の及ぶものではありません。

もし、そこに行政の違法行為が存在するとすれば、議会で取り上げることはやぶさかではありませんが、今のところ、民対民の訴訟事案のようですので、行政の違法性を示す明確な根拠がない限り、安易に議会で取り上げることは難しいところです。

「県外からの移住者」さんから、BBSへの書き込みでなく、正式に「陳情」として議会に挙げていただければ、前向きに検討させていただきます。

http://www.justmystage.com/home/shinomiya

 

伊東市内の建築業者

 投稿者:県外よりの移住者  投稿日:2011年 5月11日(水)23時23分42秒
返信・引用
  県外からの移住者ですが、伊東市内の欠陥住宅に関してお尋ねします。
伊東市内の建築家と建築業者を使ったかために、欠陥住宅の被害に遭われた方が
告発のホームページを立てられている事は、市議の貴殿ならご存知と思います。

あのホームページを読むと、当初は行政が加害者側である業者の側に立っていた
様に思いますし、そうであろうと考えられます。

伊東の市長が建築業者に対して、厚い保護をしているからでしょうか?
欠陥を分かっていて、行政が被害者を冒涜するような行為に出たのはなぜでしょうか?

聞けば、他にも県外から移住してきて欠陥住宅の被害に遭われた方が居る事を最近、
知りました。

この様な業者の実名を挙げて、県外から来る移住者の指針になるように是非、議会で
取り上げて下さい。

市民病院の建設など、二の次。私たちの生活に直結する様な事を議題にするべきです。

気候風土はよい伊東市ですが、あまりにも民度は最悪な環境です。

ご回答をお願いします。
 

Re: 伊東市民の節電意識

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 3月22日(火)00時15分30秒
返信・引用 編集済
  > No.9[元記事へ]

伊東市民Aさんへのお返事です。

 東北大震災の被災者の方々には心よりお見舞い申し上げるととともに、亡くなられた方々には衷心よりお悔やみ申し上げます。
 このような、国難とも言うべき非常事態の時に、無駄な照明や看板など、伊東市民Aさんのように疑問に思われることは当然のことと思います。

 一方、私が恐れるのは、過剰な自粛ムードです。

 伊東市は、観光地であり、市民が自覚しているか否かは別として、あらゆる業種が、観光業に直接間接に関わることで、市内経済を成り立たせていることを忘れてはいけないと常々思っております。
 例えがいいかどうか分かりませんが、遭難した人が、やっとの思いで、人里にたどり着いたとき、一番安心するものは何でしょう。

 それは、人家や町の明かりではないでしょうか?

 伊東は計画停電の実施やこれに伴う伊東線の運休などの大震災の間接被害を受けているわけですが、地震によって、家屋が倒壊したり、津波を受けたりといった人命にかかわる直接被害は受けていません。
 悲惨な状況に置かれている被災された方々に対して、深く同情しますし、その為に、節電したり、ガソリン・灯油等の燃料、食品、乾電池等の今被災地において必要とされる様々な物資を節約することは大切なことであるとは思いますが、被災していない我々が、経済活動を自粛することが、果たして、被災された方々を癒し、元気づけ、復興の為にプラスになると言いきれるものなのかについては私は懐疑的です。

 被災地へ救援物資を送ったり、募金活動をしたり、あるいは受入れ体制ができた段階でボランティア活動に行くことや身近でできる節約も非常に重要ではあると思いますが、幸いにして被災しなかった地域が、平常通り日常の活動を維持して行くことも重要だと考えます。

 昨日、東京電力の従業員組合が、毎年行っている奉仕活動を中止または延期するという話を聞きました。理由は、東電社員として、今回の震災被害、その後の計画停電の実施による社会的な影響に配慮して、「今は、自らが携わる職務に専心することこそが社会貢献である。」との判断からだそうです。

 原発事故が末端にいる検針員の方々等の責任とは思いません。しかし、従業員の方々は、今の状況を真摯に受け止めておられます。

 市民一人一人ができる節約をすることで、被災地の方々の痛みを共有することは大切なことと思います。一方で、観光地伊東が経済活動を再開し、活発に活動して行くためには、一見無駄と思われるネオンサインや照明も必要だと思います。火の消えた寂れた温泉地に誰が行きたいと思うでしょうか。

 被災された方々への同情は同情として、私たちは私たちの生活を守らなければならないのも現実だと思います。

 御不快に思われるかもしれませんが、街の灯りを、それが、旅館や商店であれば尚更、一概に否定する気持ちには慣れないのが私の心境です。
 

http://www.justmystage.com/home/shinomiya

 

レンタル掲示板
/2