teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


吉高情報

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月24日(水)23時14分36秒
返信・引用
  先週末北千葉道路を走りましたが、13時台の東行き、17時台の西行きとも順調でした。
東行きでは吉高の信号で待ちましたが、これは自然に赤信号につかまったもの。西行きも1回待ちですが、これも吉高に向けての上り坂で速度を保てないクルマが間隔を空けてしまい、本来なら通過できるのに引っかかったものです。
交通量も落ち着き、普段使いが大半になったせいもあるんでしょうね。この感じなら当面は大丈夫という気がします。

あとは八代の市道との交差部分。その先松崎方面への盛土部分に重機が入り、交差点までの盛土を整形しているようです。
いったん北千葉道路に入り、切り回して台方に向かう市道も、工事エリアが広がったのか台方側の閉鎖区間が伸び、切り回し区間がカーブの内側に新しい道を作って変更になっていました。

見た感じ変化はそのくらいでしたね。

 
 

まずは検討というけれど

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月24日(水)23時07分2秒
返信・引用
  北千葉道路の西側区間ですが、千葉県関係の予算書には見出しとして挙がっているけど内訳詳細には出ていないという中途半端な扱いです。日刊建設新聞に出ている調査の内容も、鎌ヶ谷以西は有料道路としての整備とあるのに、専用部と一般部の複断面構造での鉄道交差部の検討というのは整合性が取れていない気も。ちなみに武蔵野線は掘割で通過しているので単純に橋を架けるくらいですし、北総線は大町の西側で斜めに道路が交差できるようなスペースを確保しているので、有料道路だけの整備であれば年度いっぱいかけて検討するような話でもない気がします。
 

北千葉道路 小室以西区間の今年度予定

 投稿者:都営沿線民  投稿日:2017年 5月23日(火)23時48分32秒
返信・引用
   鉄道の話題も興味深いですが、表題の今年度の予定が発表になりました。 小室以西~外環の区間は成田よりの直轄区間の千葉国道事務所ではなく、首都国道事務所の担当になる様です。
今年度は鉄道交差部と沿道接続のICの位置の検討程度の様で、牛歩の歩みですね。
日刊建設新聞の千葉版より
>北千葉道路市川市~鎌ケ谷市間の9km 鉄道交差部中心に検討(国交省首都国道)
[2017/5/20 千葉版]
 国土交通省首都国道事務所は、H29管内道路計画検討業務について18日、簡易公募型プロポーザル方式に係る手続開始を公示した。国道464号北千葉道路(市川~鎌ケ谷)を対象とするもので、参加表明書提出(電子入札システムによる)の期限は6月2日16時で、技術提案書の提出は6月26日16時まで受け付ける。同業務により29年度で、専用部と一般部の複断面構造について鉄道交差部や、設置の有無を含めたインターチェンジ部を中心に検討を行う考えだ。
 主な参加資格をみると、関東地方整備局(港湾空港関係を除く)における29・30年度土木関係建設コンサルタント業務に係る一般競争(指名競争)参加資格の認定を受けている単体企業、または資格を満たした単体企業で構成される共同企業体。業務実績として、同種業務に都市部の自動車専用道路(有料道路)の道路概略設計を実施した業務、類似業務に自動車専用道路(有料道路)の道路概略設計を実施した業務を挙げている。
 同業務は、北千葉道路(市川~鎌ケ谷)において、専用部(自動車専用道路(有料道路))と併設する一般部の複断面構造について、道路線形及び道路構造の検討を行うもの。履行期間は、29年8月(中旬)~30年3月(下旬)までの予定。
 北千葉道路の市川~鎌ケ谷間は、東京外かく環状道路(外環)の北千葉ジャンクション(JCT)から鎌ケ谷市の鎌ケ谷消防署付近に至る延長約9kmの区間。ルート上でJR武蔵野線、北総線の2鉄道との交差が想定されている。
 成田空港アクセスの重要性、地域交通の混雑緩和など、県や沿線市からの意見・要望を踏まえ、28年12月の千葉県道路協議会で国土交通省関東地方整備局、県、千葉市、東日本高速道路、首都高速道路で次の整備手法についての事項を確認。国道464号の直轄編入について県から要請がされたが、現時点で事業者は決まっていない。
▽市川~鎌ケ谷間は高架構造を基本とする。ただし、北千葉JCTから約2kmの区間は、外環との連続性などを踏まえ、掘割構造とする
▽鎌ケ谷~国道16号間も一般部と専用部の一体構造とする(専用部の導入)
▽市川~国道16号間は有料事業を活用した自動車専用道路として整備する

http:///www.jcpress.co.jp/wp01/?p=18476

 

ちなみに京成

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月21日(日)11時24分37秒
返信・引用
  ちなみに京成は単年度比較になりますが、減収増益ですね。運輸業は増収増益ですが、特に不動産が売り上げで足を引っ張った模様。

運輸業は成田空港関連が大きく、鉄道輸送人員全体で7%、うちスカイライナーは10%の伸びと稼ぎ頭になっています。
ただ収入ベースになると鉄道輸送全体で9%、スカイライナーは8.5%の伸びとなっており、本線特急やアク特は足の長い客が増えた反面、スカイライナーは単価減が目立つ結果になったということで、イブ/モニを含むのであればそちらへのシフト(伸びの源泉)という推測も成り立ちますが、でなければ何らかの企画商品による集客が原動力ということになります。もちろん装置産業ですから、少々割り引いても数字を積み上げるべきです。

ちなみに京成の設備投資計画ですが、こちらは地味ですね。
新3000系8連3編成が新造されますが、これで置き換えるのは何か。3600系を淘汰するのか、3500系更新車を捻出して4連のタネを確保するのか。というくらいの興味しか惹きません。
京成上野のリニューアルも、東武池袋のようなインパクトはありませんし。

ちょっと気になるのは、3700系と新3000系の一部のLED表示をLCDに置き換えるということ。新京成のN848Fのような躯体に置き換えるんでしょうね。

 

数字が微妙ですね

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月21日(日)11時02分3秒
返信・引用 編集済
  なかなか威勢がいい反面、前中期の結果を見ると減収増益なんですよね。2016年度単年度で見ても燃料費の低下が増益に大きく寄与しているということで、コスト削減というよりも外的要因に左右された結果が見え隠れしている状況です。
新中期も売上高は5%弱の伸びにとどまり減益と、威勢がいい割に数字はすっきりしません。各種投資による仕込みの時期ということなんでしょうが、減価償却費の推移を見ると、そこまで突出もしていない。そもそも足下で利益がかなり沈むのが気になりますね。3月改正効果が「マイナス」になるという前提ですから。

計画では私も8号線延伸と京葉総武連絡線を書き込んでいるのが気になります。後者はともかく、前者は「東京イーストエリア」への伊勢崎線系統からの集客に欠かせませんし、さりげなく東雲に有明の6掛けの土地を持っているという情報も。
ただ本気でやるのなら、亀戸線から小名木川線へのルートを行政を巻き込んで整備するくらいでないと、「100年の計」にはならないでしょうね。

ところで、短信を見ると、運輸業は「鉄道業において前期に実施したダイヤ改正が奏功し増収となったものの、貨物運送業において取扱量が減少したこと等・・・」と営業収益のほぼ横ばい(0.2%減少)を説明しているのですが、貨物輸送業がそこまで存在感のある数字を確保しているんですかね。

 

東武中計

 投稿者:dai  投稿日:2017年 5月21日(日)01時28分10秒
返信・引用
  バブル期を思わせる景気の良さですね。

個人的には15ページの図に注目で、8号分岐線に東武が一枚噛むとしか思えない(笑)

同じページに羽田空港~東海道貨物線~りんかい線~京葉線~成田空港のような線も描かれてますが、
これも京葉総武連絡線に東武が噛むという理解になるのでしょうか。

船橋駅に利権を持つ東武が絡めば、確かに動きは取りやすくなりますが。
 

野田線急行

 投稿者:あそうかい  投稿日:2017年 5月21日(日)01時00分56秒
返信・引用
  こんばんは。

東武の中期計画の詳細がでました。
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/ec1995236694087faa58a52e97775232/chukei.pdf
一番驚いたのは東武池袋の2面4線化ですがそれは置いといて、先日話題になった野田線の急行区間拡大についても記載があり、16ページ(PDFの17ページ目)に「六実~逆井間複線化による急行運転実施」とありました。
急行運転はやはり船橋~柏間のようですね。10ページの図によると2019年度末に実施らしいです。
 

アク特の微妙なダイヤ

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月20日(土)12時35分56秒
返信・引用
  アーパー線ですが、金曜日の人身事故による不通を案内したJR東日本の運行案内のディスプレイや車内スクロールは、ものの見事に「東武野田線」でした。「スカイツリー線」も大概ですが、全く無視というのもいい度胸です。

さて、それなりにフライト時間があり、新作の映画に食指が動かなかったこともあり、機内ではドラマを見てました。で、チョイスしたのがあの「東京ラブストーリー」、11作全部がメニューにあり、往復で全部見てしまいました。
実に26年ぶりですが、戦後すぐの方の「君の名は」が「女湯が空になる」と言われたのに比肩する、月曜日はOLが蜘蛛の子を散らすように早く帰る、という社会現象まで巻き起こしたドラマであり、確かに当時女性社員は速攻で帰った、というか男性社員も若手中心にTVを見に帰ってましたね。翌日の会話に乗り遅れないためにも。

まあ伝説の「トレンディ」ドラマですが、26年前の「トレンド」でもあり、隔世の感を感じます。何よりも今は全く成立しない「すれ違い」が多用されているとか、公衆電話が主流で、自宅のコードレスやポケベルがやっとという時代。
京急(旧)1000系や、サインカーブの丸の内線が出てきたり、駅の改札がまだ有人改札だったり、オフィスのデスクでタバコが吸えたり、とひねた見どころがたっぷりでした。

まあ原作はかなりドロドロしていたのをライトにしたのが人気の原因でもあるんですが、今にしてみればかなり「お上品」ですね。今更ネタバレもないでしょうが、最終回の影響で伊予鉄道の梅津寺駅にハンカチを結びつけるのが流行し、1992年頃にたまたま高浜経由、松山観光港まで乗った際に、ハンカチだらけの柵を見て絶句した記憶があります。ただ、ストーリー的にはあそこに結わいつけるのは「破局」なんですけどね。

そして成田からの帰路、アク特に乗ったんですが、なんか貧乏くじでしたね。
宗吾から回送で到着した1702Kですが、湯川で4分ほど停車、さらに新鎌ヶ谷でスカイライナー退避と、緩急接続を東松戸にシフトしているのも含めて、あまりいけてないダイヤです。
湯川をそのまま出して、1734Nを新鎌ヶ谷で抜き、ライナー退避は東松戸。1734Nのライナー退避は新鎌ヶ谷、としたいところですが、うまくいかない理由はあるのか。1702KはCNT中央からの乗車が多く、ならば近場の新鎌ヶ谷、東松戸までの乗客にとっては東松戸退避の方がいいでしょう。それと新鎌ヶ谷での新京成上下線の接続がタイトなので、湯川の停車時間を削って早く着いてくれるとありがたいです。

 

成田は良いが...

 投稿者:エル・アルコン  投稿日:2017年 5月20日(土)12時35分19秒
返信・引用
  久々に「高飛び」してきたんですが、やはり成田は近いですね(爆)
それはさておき、搭乗便のアヤもあるんですが、ラウンジの配置が微妙なことに気が付きました。

ANAは1ビルなんですが、ANAのラウンジは第4と第5のサテライトの先端付近にあるわけです。
チェックインしてイミグレを通過するとまず南ウイングの根元付近に出てきます。ここから乗り場に移動するわけですが、両サテライトとも枝を伸ばした格好で、ラウンジはその先端にあるので、かなりのケースでいったんラウンジまで行って手戻りになります。

今回はあろうことかバス連絡だったのですが、バス乗り場はウイングの根元付近であり、こうなるとサテライトへの往復となり、それだけで15分はかかる感じです。
ウイングの根元にはユナイテッドのラウンジがあり、ANA利用でも入れますが、サービス的にはイマイチということは分かっているだけに、ちょっと困りものです。

イミグレ通過から搭乗時刻までは60分ほどありましたが、免税店で頼まれ物を購入したりすると、相対的に近かった第5のラウンジにたどり着き、係員にビールを持ってきてもらうともう時間が窮屈です。せっかくのSuiteラウンジなのに食事も楽しめず、ビール1杯で退散というのは残念でした。

ラウンジに大勢呼び込みたくない戦略なのかもしれませんが、動線的には無駄だらけな位置関係ですし、まがいなりにも「上級会員」向けのサービスであれば、もう少し考えてほしいところです。
 

東葉高速線案内

 投稿者:dai  投稿日:2017年 5月18日(木)19時35分37秒
返信・引用
  東葉2000系の車内に貼ってある、メトロと京成の路線図を繋ぎ合わせたような路線図を
熟視してみました。

・東武伊勢崎線は「スカイツリーライン」なのに、アーパー線は「野田線」
(清水公園や大宮公園は圏外だから?)

・スカイツリーライン浅草~曳舟は地下鉄乗り入れがないので省略されているのに、
 つくばエクスプレス線は秋葉原から描かれている
(TXは関鉄経由で間接的に京成の資本が入っているから?)

・なのに東西線高田馬場で乗り換えられる西武新宿線は、地下鉄乗り入れがないので図上から省略されている

・なのに日暮里で京成と接続している日暮里舎人ライナーは描かれ、
 町屋で京成と接続している都電荒川線は省略されている

西武新宿線は高田馬場の前後だけでも描くべきじゃないのでしょうか。。。
 

レンタル掲示板
/384