投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


沖縄

 投稿者:peko  投稿日:2017年12月17日(日)14時35分52秒
返信・引用
   こんにちは。
朝は、雪がちらついていましたが、昼からは、日差しがあり、暖かくなっています。

 今年最後の花散策は、沖縄でした。
多種色のヘツカリンドウが見れるはずでしたが、今年は、花数が少ないようでした。
海岸が咲く、オキナワギクを置いていきます。♪

 

日本の覚醒のために

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月17日(日)07時54分43秒
返信・引用
  「日本の覚醒のために
――内田樹講演集   」

内田 樹、晶文社、2017年

(晶文社 http://www.shobunsha.co.jp/?p=4321
劣化著しい日本に向けて語る、
国家・宗教・憲法・戦争・言葉・教育……
そして希望!

グローバリズムに翳りがみえてきた資本主義末期に国民国家はどこへ向かうのか? これからの時代に宗教が担う役割は? ことばの持つ力をどう子どもたちに伝えるか? 戦中・戦後世代の経験から学ぶべき批評精神とは? 憲法をめぐる議論から浮かび上がる政権劣化の諸相……日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くして語った著者渾身の講演集。沈みゆくこの国に残された希望の在り処とは?


 読み応えのある本でした。

 著者はメディアに頻繁に登場する著名人なので、無論、名前は前から知っている。しかし、その著書を読んだのは、多分、はじめて。教育や政治に関していろいろ発言しているし、橋下元大阪市長の政治・教育姿勢に批判的だったので、かってに、所謂「リベラルな自由人」と思っていた。

 この本を読み、内田は私の既知の「リベラルな人」には簡単に仕分けができないゴツゴツした芯のある思想家だと思った。多分、芯は合気道を身につけた武道家の感性が、宗教的、霊的な事柄を尊崇することから来ているのだと思う。それらが時々、私の感性とぶっつかり読むのがとまった。しかし、書いてあることの大多数に共感できたし、いろいろ考えたこともなかったことに気付かされた。

 アメリカの利益が最優先と「忖度」する政治家や官僚が、今の日本を治めている。なるほどと納得してしまいました。

 耳の痛い指摘もたくさんあります。

 新聞、テレビなどはもうジャーナリズムとは言えない。新聞を読みテレビを見ているのは60代以上の高齢者だけ。高齢者に依存しているビジネスモデルが消えるのは時間の問題だという。高齢者の私でも最近のテレビニュースにはウンザリ、不倫や貴乃花だとくだらないことを繰り返し報じている。

 「すでに腐臭を発しはじめた大学」だって。流石にそうですねと納得は出来ませんが耳が痛い。

 

いつもの鳥たち

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月15日(金)15時42分26秒
返信・引用 編集済
    風もなくよく晴れていたので鳥見に。いつもの鳥たちでした。

 

モズ




マガモ




アトリ






ジョウビタキ



スズメ



ヒヨドリ





ムクドリ



ハクセキレイ



ハシブトガラス




 

新名神

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月14日(木)05時21分17秒
返信・引用
  12月10日に開通した新名神の茨木千提寺IC-川西ICを走ってきました。カーブやアップダウンが少なく走りやすい高速道でした。しかし、トンネルが多かった。千提寺PAは、ストレッチ用具など、新しい設備がいくつかありました。















 

ネット価格

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月12日(火)09時11分24秒
返信・引用
   Shionへのクリスマスプレゼント、3DSのゲームソフトが欲しい
というので、価格comで調べると、4200円から5000円。Amazonが
月曜なんとかという大売り出し中なので調べると5000円より高い。
トイザラスは4500円。トイザラス茨木店に在庫有りとあったので
ここで買うことにした。

 店頭には出ていなかったので、店員に在庫有りと出ていたといって
探して貰う。少し時間がかかったが出てきました。購入!


 ネット価格というのはかなりばらつきのあるものですね。安いから
といって、信用できるのか?という不安がつきまとうのでAmazonぐらいしか
買う気にならないし・・・
 

神戸ルミナリエ

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月10日(日)07時49分30秒
返信・引用
   











12月9日(日)晴れ

 神戸ルミナリエに出かけました。神戸ルミナリエは阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、神戸の復興・再生への夢と希望を託し、平成7年12月に初めて開催され今年は23回目です。

 Temikoは今までに一度だけ行っていますが、Tadashiは初めて。仕事を終えたTemikoとJR大阪駅で待ち合わせJR元町へ。18時15分に元町駅につくと、ルミナリエ会場への誘導の人が多数でていた。会場まで徒歩で15分足らずで行ける距離なのに、ルミナリエ開催中は見物客で大混雑なので、上の地図の「赤点の矢印」のルートを一方通行で迂回するように誘導される。交通警官やガードマンが多数動員されていた。まさに大渋滞で少し歩いては停止し、のろのろと行列は進む。会場入り口にたどり着いたの時は19時を少し過ぎていました。

 











 やっと会場に到着。イルミネーションの豪華さに圧倒され、歓声があがる。立ち止まらないで下さいと何度もアナウンスされるが、みんな撮影に夢中!

 神戸ルミナリエを継続するための募金を募っていた。1人100円の協力を呼びかけていたが、募金に応じる人は少ない感じ。私たちは、これだけのイベントを維持するのは大変だろうと募金した。

 帰りはJR三宮に出た。























 

オシドリ

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月 5日(火)16時48分7秒
返信・引用 編集済
  12月5日(日)晴れ

 寒い一日でした。やっとオシドリに逢えました。
 今季4回目のトライ、今までも帰ってきている気配は
 あったのですが・・・・

  ホシハジロやマガモも

 















 

紅葉

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月 3日(日)14時06分28秒
返信・引用 編集済
  12月3日(日)晴れ

 箕面に出かけました。
 紅葉はもう終わりでした。見頃の時期は例年より
早かったようです。勝尾寺園地に駐車し、勝尾寺-
政茶屋園地を往復しました(約4km)。車は多かったのですが
ハイカーは今日は少ないと感じました。

 
















11月23日(木)
 大門寺の紅葉が見頃でした。





















 

こわいもの知らずの病理学講義

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年12月 3日(日)06時01分53秒
返信・引用 編集済
  「こわいもの知らずの病理学講義」
仲野 徹、晶文社、2017年

 11月の毎日新聞に、病理学についてやさしく書かれた本、著者は阪大教授でユーモアのある講義で有名というようなことが紹介されていた。Kanadeの闘病に付き合って、医学の基礎的なことをもっと知りたいと思っていたので、直ぐにAmazonで購入した。

 序章にいきなり「白血病という病気は、細菌の感染によって反応性に炎症が生じて白血球が増えているのではなく、白血球が腫瘍性に増殖した血液細胞のがんである」というような文章が出てきた。意味は分かるが医学方言?ではないのかと、先に進むのが不安になった。しかしそれは杞憂で、他は普通の優しい日本語で気持ちよく読めた。

 でもさすがに医学の専門用語が多すぎて一読では頭に残らない。学生時代に化合物の名前をいっぱい覚えさせられ大嫌いだった有機化学を思い出す。

 居直って、カタカナ語は頭に残っていなくとも話の筋を理解するだけで先に進むことにし読み終わった。正直に言えば今、直ぐに思い出せるのは「雑談」だけ。

 病気の元をたどれば「細胞」にいきつくといういうことを私に認識させてくれた初めての本です。「病気というのは細菌やウイルスによて引き起こされる」という認識しかなかった。物理や地学の話だと原子や電子、素粒子単位の話になっても当たり前なのに。

 細胞は10μオーダーの大きさと聞けば、フィッショントラックの大きさが頭に浮かぶ。これを観察する大変さは分かる。という風に、自分の今までの知識を下敷きに色々考えながら読みました。

 まあそれなりに病理学のニオイをかげました。もっと深く理解したいので何回か再読することにします。

 本の中で「久坂部羊」の名前が1回だけ出てきました。あっと思い当たり、久坂部の「ブラック・ジャックは遠かった」を確かめました。2人は阪大時代の悪友でした。Kanadeの主治医は仲野教授の病理学を受けたそうです。怖い先生だったと! 著者のTwitterの書き込みをみると、好き勝手なことをつぶやいています。維新が嫌いみたいなので安心しました。

余談
Kanadeの血液検査の結果を整理すると、闘病中の出来事の色々を思い出します。結果の意味が理解出来るのは、いまのところ下の表にあげたものだけです。他の結果の意味をきちんと理解するためにも病理学をもう少し知りたいと願っています。

 

退院します!

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月29日(水)10時12分10秒
返信・引用 編集済
   Kanade、今日、退院します(手続き上は、今日は外泊、明日に退院)。最短なら4週間の予定の「再寛解導入療法」が、2ヶ月掛かりました。

 昨年の11月15日に阪大病院に運び込まれてから、はや1年が経過しました。完全に通院治療になるまでに約1年だろうというのが主治医の見たてでした。ほぼその通りなので順調な経過を辿っていると喜ぶべきなのでしょう。

 12月からは約1年半の「維持療法」になります。2週間おきの通院です。検査のための短期入院もあるそうです。「維持療法」は基本的には「中間維持療法」と同じで、ロイケリンを毎日、メトトレキサートを週1で投与されます。まだまだ抗がん剤との戦いが延々と続きます。



 Shionは今日から、吹田の自宅に戻ります。朝、いつもより早く家を出て、Shionとその荷物を吹田に届けました。

 Kanadeは13時頃に病院を出る予定。荷物が大変です。雨は大丈夫かな?

PS 無事、退院しました。Kanadeは最古参で人気者、皆さんに祝福して頂きました。
Kanadeは雨女(?)のようです。また雨の中の帰宅でした。
晴れ男のShionが出迎えてくれ家に荷物を運ぶ時は小降りになりました。

 気が緩んだのか、一気に疲れがでて目眩に襲われました。どうなることかと心配でしたが
 帰宅したら回復したようです。


 Keiko&Skyeがニュージーランドに飛び立ちました。慌ただしい11月が終わります。
 

今日もテレビは

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月27日(月)13時25分10秒
返信・引用 編集済
  貴乃岩が暴行を受けた話ばかり。うんざりです。メディアの質が悪くなっている
と感じます。

 で、今、読んでいる「FAKEな平成史」にでてきた「この国のメディアが三流ならば、
国民も三流ということだ」がなぜか気になります。著者の森達也は「社会とメディア
と政治のレベルは、常に一緒です」と言い切ります。

 しんどいですね、日本の「国民とメディアと政治」が三流だと自覚するのは。
 

音楽日和

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月26日(日)08時01分46秒
返信・引用 編集済
   昨日(2017年11月25日、14時から16時)、JAF会員のための音楽会「音楽日和」に行きました。
指揮・現田茂夫で日本センチュリー交響楽団、ヴァイオリン・辻彩奈でした。辻彩奈はプログラムの
2,3,4で演奏しました。
 19歳、初々しく一生懸命さが表情に、泣いたような怒ったような真剣な表情、時折見せる
うっとりしたような笑顔が素敵でした。多分これが新人の魅力なのでしょう。オーケストラの
ヴァイオリン奏者の表情は真剣でしたがどこか余裕があるのですが、あまり変化しませんでした。

(プログラム4が終わった後のアンコール曲はJ.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ」
の第2番より第3楽章のAndanteでした。)










 指揮・現田茂夫は初めてでした。めりはりのある指揮でした。トークも聞き取りやすく好感を持ちました。

 センチュリーはあの橋下に補助金打ち切りだといじめられた時からの付き合いです。よく頑張っています。

 アンコール曲はエルガーの「威風堂々」第1番でした。この曲は藤岡幸夫指揮の関西フィルオーケストラ
で何回も聴いています。現田・センチュリーの「威風堂々」もなかなかのものでした。








>


 コンサートの終わったのが16時、JR大阪駅に戻った時ははや夕暮れ。北陸を紹介するイベントがあり、
富山の日本酒を並べていました。「満寿泉 」があったので買ってしまいました、久しぶりの「満寿泉」は美味かった!








 Kanadeは金曜日に骨髄検査などをして、今朝外泊で家に戻りました。Shionを
吹田に送り届けてからコンサートでした。Kanadeは日曜の夜、病院に戻ります。
水曜日(29日)に外泊で家に戻りますが正式退院は30日(木)の予定。
 

月末に退院か?

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月21日(火)09時28分10秒
返信・引用 編集済
  11月20日(月)曇り

 白血球数と好中球数が下がっていました。18日(金)の結果が良すぎたのでしょう。
 退院の目処がつき、今月末の予定です。23日~26日は外泊で自宅に帰るのを繰り返し退院の準備です。

11月21日(火)晴れ

 1ヶ月ほど吹田でShionの面倒をみてくれた北海道のバアバは今日、雪のつもった石狩に帰ります。長い間、ご苦労様でした。ありがとう。

 今日から月末まで、Shionはまた茨木から吹田に通学します。


大門寺の紅葉、見慣れたのか最盛期ではないのか、
昔ほどの感動がないような・・・・

 





















 

蜜蜂と遠雷

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月19日(日)17時06分5秒
返信・引用
  「蜜蜂と遠雷」

恩田陸、幻冬舎、2016年

 直木賞や本屋大賞をとり評判の高かった本。恩田陸の作品は読んだことがなかったが評判にひかれ図書館で半年ほど前に予約した。しかしまだ先約が300人以上。流石に待ちきれず購入した。

 507頁もある厚い本、それに、予約待ちの間に恩田陸の本を2冊読んでみたが余り面白くなかったのでちょっと心配。しかし、読み出すと直ぐにクラシック音楽の世界に引きずり込まれた。久々にわくわくしながら読める本に出逢った。後は一気読み。

 ストーリーもよくできているのですが、クラシックの曲想ををこうも豊かな表現で文章に書けるものなのかと感嘆!

 「構想12年、取材11年、執筆7年」という。3年に1回、開催される浜松国際ピアノコンクールに4度も取材に出かけたという。その成果が見事にでています。

 きっと何回か読み直すと思います。




幻冬舎(http://www.gentosha.co.jp/book/b10300.html

俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、
そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

 

病院で遊びました!

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月19日(日)07時43分37秒
返信・引用 編集済
  11月18日(土)雨
 昨日の血液検査で好中球数が劇的に回復していました。それでKanadeが病室から出ることもできるというので、KeikoとSkyeを病院に連れて行きました。土曜日なのでShionも。

 病院で最も展望の良い14階のレストラン前のロビーで3時間以上も遊びました。3人の子供達はすぐに仲良しになりました。
 

やはり甘くはないようです

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月16日(木)17時08分16秒
返信・引用
  <PS 14日 16時に病院に。MRI検査が終わって寝ているだろうと
思っていたのに、起きていました。元気です。
主治医の見解では、脳の画像に異常は見られない。脳外科の
専門医の診断を待つということでした。>

1.MRI検査結果について、脳外科専門医の診断は、まだ脳の写真に異常が見られる。
  退院後の12月にもう一度、MRI検査をする。その時は一泊入院になる。

2.白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数、好中球数はかなり低い。
 しかし、13日が最低値のようにみえ、15日の検査結果はやや回復傾向が
 みられる。
  20日(月)の検査結果がよければ退院の準備がはじまる。

 さていつ退院出来るのでしょう? 11月中に退院して欲しいな!



 

山女日記

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月14日(火)11時54分14秒
返信・引用 編集済
  「山女日記」
湊かなえ、幻冬舎、2014年

 2016年の工藤夕貴主演のNHKドラマを全部見ています。つい最近放送された続編も見ました。山の景色も美しく気に入ったので全部、録画しています。原作者の湊かなえと工藤夕貴が山番組で一緒に出演していたのも見ています。
 しかし、既読の湊かなえの小説は、女性心理の複雑さに疲れることが多かったので原作を読みたいとまでは思いませんでした。偶々、図書館の「本日、返却された本」棚にあったので借りてしまいました。

 山の話のためか、今回は全部、興味深くすんなり読めました。テレビドラマと原作の関係というのはこんなものなのかと考えながらです。原作の幾つかの話がドラマにも取り上げられてはいるのですが、それさえもなにか原作とは違うのです。映画と原作との関係よりは随分、テレビは自由自在に書き換えてしまうようです。別物と思った方がよいのかな?

 2017年の続編ドラマは、文庫本「山女日記」に収められた「カラフェスへ行こう」が原作らしい。これも読んで見たくなりました。

 

もう大丈夫かな?

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月13日(月)11時31分16秒
返信・引用 編集済
   日曜日、15時に病院に。日曜日でも駐車場は三分の二は
車が停まっています。

 YukieとDaichiは交代していました。Kanadeは元気でした。
4人用の病室ですが、退院や外泊で今日はKanadeだけの個室。
少し騒いでも大丈夫だろうと病室内でかくれんぼや鬼ごっこ、
などなど。帰りには病棟のドアまで見送りに来てくれ、
楽しかった!と。


 今回の「メトトレキサートの副作用」で手に麻痺が出て物をつかめない、言葉がでない、虚ろな表情、暴れるなどの症状は、滅多にない症状だという。それが同じ病院で短い期間に2例も出た。Why?と気になる。

PS 13日、15時に病室へ。寝ていた。15時半頃目覚める、元気に
 いろいろ喋ってくれた。16時に保育士さんが来てくれ30分ほど
 遊んでくれる。その間に帰る。

 明日、MRI検査を予定。脳の異常が消えていて欲しい! 心配
 なので明日も16時に病院に行くつもり。

PS 14日 16時に病院に。MRI検査が終わって寝ているだろうと
思っていたのに、起きていました。元気です。
主治医の見解では、脳の画像に異常は見られない。脳外科の
専門医の診断を待つということでした。

一安心です!
 

メトトレキサートの副作用 発症3日目

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月11日(土)20時14分12秒
返信・引用 編集済
  昨夕、目覚める(19時)と正常に復帰していたという。
今日は朝から元気だったらしい。昼寝するので16時頃に
来てくれとういうLine、16時に病室に。

 Kanadeはまだ寝ていたが目覚めると、副作用の発症以前と
同じ程度には言語は明瞭、左手も動く。完全復帰と思われる。
 まだ病室は出られないが、病室内の散歩、ジイジ&バアバと
かくれんぼ遊び。元気いっぱいでした。食欲もあります。

 多分、完全に回復!です。

 三日間、ほとんど眠れなかったYukieも今日は眠られる
でしょう。明日はDaichiと交代して家に帰れれば良いのですが。

 峠は無事に越えたようです。
 

メトトレキサートの副作用 発症2日目

 投稿者:TN&TN  投稿日:2017年11月10日(金)21時15分35秒
返信・引用 編集済
  13時に病室に着く。少し言葉が出にくいが、まあ正常、完全復帰間近と喜ぶ。

血液検査の結果は、血小板数は昨日、輸血した効果が出て復帰傾向に。
しかし赤血球数(むろんヘモグロビンも)が低下しているので今日、輸血。

16時頃まで元気、食欲もある。
しかじ、アップルジュースを飲み、せんべいを食べ、ご機嫌で元気にしていた
16時過ぎ、つばを飲み込めない様子に(て)が気付く。

言葉もおかしい、ママという言葉までが頼りない。症状が悪化傾向に!
何人かの医者が確認にきてくれる。言うことは同じ。悪化-回復を繰り返す
段階なので様子をみましょう。

16時半から30分、お気に入りの保育士のFさんが遊んでくれた。最初は
大喜びではしゃいでいたが最後はしんどそう。

17時にTNが抱っこしようかというと直ぐ飛びついてきた。あっという間に熟睡。
Yukieの用事が終わるのを待って18時にベッドに戻し、帰る。

 明日こそ、完全復活すること祈ります!

 明日は15時頃に病院に行く予定。
 

/229