teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


この質問はまるで

 投稿者:高明羅  投稿日:2014年 7月 4日(金)00時15分40秒
  一秒前にそこに人間が誕生したとする、この人間には「過去の記憶が埋め込まれ人類は長い年月をかけて現在に至る」という記憶がインプットされている。
この人間に真の自分の姿を認識させる方法はあるか?
って質問ににてませんか?
 
 

こんばんは

 投稿者:高明羅  投稿日:2014年 7月 4日(金)00時07分15秒
編集済
  >それと同時に観測をしていない他人の生活も存在しないし、観測を前提に過去が作られていくことに

なるのか?
観測者がいなくても他人の生活は存在しているし高明羅の観測しない限り他人の生活は認識しないのです
高明羅の観測によって過去は自動的に形成される。かも
 

こんばんは

 投稿者:高明羅  投稿日:2014年 7月 2日(水)21時08分11秒
  拝見しました
 

高明羅に質問!!

 投稿者:現代思想  投稿日:2014年 6月28日(土)23時40分33秒
編集済
  高明羅が観測していない時は他の存在を気にするのは無意味なことであると現代科学によって証明されたわけであ

る!。 それと同時に観測をしていない他人の生活も存在しないし、観測を前提に過去が作られていくことに

なるのか?  こたえてみよ!!
 

お前!の解釈は自身を整合するものではなく、お前自身を腐らせる寄生虫だ!!

 投稿者:現代思想  投稿日:2014年 6月25日(水)22時23分52秒
編集済
  それでは、本題に入りたいと思います。

問3=高明羅が観測していない銀河の隕石は実在していないし、高明羅の観測によって物質が集約し存在として現れるのか?
高明羅の観測によって高明羅に認識されるが隕石の実存は空である。


この件ですが、>高明羅に認識されるが隕石の実存は空である。を訳しますと高明羅に認識されるが隕石は存在していないとなります。

つまり=高明羅の観測による物質は存在していないのでは観測も出来ないわけで=高明羅の観測によって物質が集約し存在として現れるが
正解となります。


>問4=高明羅の観測思考の原理は光を先回りしていることも想像できる(光速度不変の原理)に反するものであり現実にそぐわない!そのように無限を基準にし時空に対する制約を克服できないのか?
人間の考えた原理は現時点のもので人知の超えた定理はいくらでも存在すると考える。
よって制約を克服できる。


この件ですが、>人間の考えた原理は現時点のもので人知の超えた定理はいくらでも存在すると考える。訳しますとヘーゲル精神現象学の弁証法

のことをいっていますが、簡単に説明しますと=(知らないことを知ることは出来るか?)となります=知らないことはいくらでも知ることが出来る

=知性の無限を基準=時空に対する制約は人間の感性を超えていますから例として特殊相対性理論などが上げられます。ので

正解は無限を基準にし時空に対する制約を克服出来ないとなります。

引き続き質問に答えよ!!

http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/877839i?
 

こんばんんは

 投稿者:高明羅  投稿日:2014年 6月20日(金)20時00分22秒
  >問3=高明羅が観測していない銀河の隕石は実在していないし、高明羅の観測によって物質が集約し存在として現れるのか?
高明羅の観測によって高明羅に認識されるが隕石の実存は空である。


>問4=高明羅の観測思考の原理は光を先回りしていることも想像できる(光速度不変の原理)に反するものであり現実にそぐわない!そのように無限を基準にし時空に対する制約を克服できないのか?
人間の考えた原理は現時点のもので人知の超えた定理はいくらでも存在すると考える。
よって制約を克服できる。
 

お前!の頭の中は古臭いガラクタの論理だけだ!

 投稿者:現代思想  投稿日:2014年 6月18日(水)16時29分46秒
編集済
  タゴール:「この世界は人間の世界です。
      世界についての科学理論も所詮は科学者の見方にすぎません。」

アインシュタイン:「真理は人間とは無関係に存在するものではないでしょうか。
          例えば、私が見ていなくても月は確かにあるのです。」

タゴール:「それはその通りです。しかし月はあなたの意識にはなくて、
      他の人間の意識にあるのです。
      人間の意識の中にしか月が存在しないことと同じです。」

アインシュタイン:「私は人間性を超えた客観性が存在すると信じます。
          ピタゴラスの定理は、人間とは無関係に存在する真実です。」

タゴール:「科学は月も無数の原子が描く現象であることを証明したではありませんか。
      あの天体に光と闇の神秘を見るか、それとも無数の原子を見るか。
      人間の意識が月だと感じなくなれば、それは月ではなくなるのです。」

引き続き問いを答えよ!

問17=観測したことによる被害は実在するのか?

http://www.seidosha.co.jp/
 

こんばんは

 投稿者:高明羅  投稿日:2014年 6月16日(月)23時30分31秒
  高明羅の脳の解釈のみが実在するのではない
高明羅が存在しなければ宇宙も存在しないというのか。
違う 高明羅の存在がなくても宇宙は実存する
この世のすべての自意識が消えて初めて宇宙は消える
そこに存在するのは「神」・・・と思う
では引き続き・・・・
 

お前!!のでたらめすぎる解釈はお前!!自身を混乱させる引金にすぎない!

 投稿者:現代思想  投稿日:2014年 6月14日(土)16時28分25秒
編集済
  それでは本題に入ります。

>問1=高明羅が観測するかしないかによって世界は変形してしまうのか?

高明羅の観測にかかわらず世界は流動して変化している。高明羅の存在と物資は関係ない

この件ですが、高明羅の観測にかかわらず世界は流動して変化していませんし、高明羅が観測があって決定されるが正解になります。
参考=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%8C%AB

>問2=宇宙には高明羅の自意識しか存在しないし宇宙という電磁波を変換する高明羅の脳の解釈のみが実在である
高明羅の認識と実存はまったくの別物である

この件ですが、宇宙には高明羅の自意識しか存在しないし宇宙という電磁波を変換する高明羅の脳の解釈のみが実在であるが正解になります。
参考=http://www.geocities.jp/andreaskjp/letter/html/essay/kaminosonnzai/007.html

引き続き問題を答えよ!
考えすぎて病院送りにならないようにな......あはははは笑
http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/1913253i

 

幕末、日本は日露戦争、ロシア革命の準備をしていた。

 投稿者:ねこ  投稿日:2014年 6月12日(木)15時41分48秒
  幕末、日本は日露戦争、ロシア革命の準備をしていた。

http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/32/207_1.html

ロシアの歴史も、全て、日本の「ねつ造」。

その歴史は、今日、何も変わらない。

( http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0103/35/247.html )
 

レンタル掲示板
/134